お知らせ

投稿日:2020年3月4日

足場屋とお客様


足場屋の仕事には大きく分けて2種類あります。

足場を組むことに関しては一緒ですが

新築工事の足場、リフォーム工事の足場

その中には塗装工事や屋根工事、板金工事などなどありますし、公共工事だったり他にも店舗だったりがありますが、大半を占めるのは新築工事とリフォーム工事です。

共通点はお客様(お施主様)が工務店様(ハウスメーカー)に仕事を依頼して弊社のような業者にご依頼していただく。

お施主様→工務店→弊社の仕組みです。

大工さんや塗装屋さんとか他の業者さんの大半が同じだと思います。

しかし足場屋は他の業者さんと比べて

少し特殊です。

大工さんとかはお客様からお願いされる事があると聞きます。

たとえば、ここに棚をつけてくれ!など

塗装屋さんもここの色を変えてほしいとか

電気屋さんならスイッチを増やしてほしいとか

水道屋さんなら蛇口をつけてくれとか

あるかと思います。

それは工務店さん経由で大工さんなどに

お願いするかもしれません。

お客様の要望をできる限り実現しようと

工務店さんや大工さん達は模索しながら

施工していきます。

それは何故か?

お客様が大金を払い人生の中で1番の買い物をするからです。

これから一生涯、住んで行く家だから

真心込めてご要望にお応えしていくのです。

足場屋はどうか?

お施主様にステージを組んでとか

ここを狭くしてほしいとか

ほぼありません。

たまに餅投げしたいので

と、言われることがありますが

そんなのは1年に1回あるかどうかです。

仮設足場ですから

工事終了後には何も残らないから

お客様も私達に要望はしません。

だからこそ1件を真剣に施工しなければ

ならないのです。

大工さんや塗装屋さん、板金屋さんなどが

事故がないように安全に

最高のパフォーマンスを出せるように

使い易い安全な足場を組むこと

それが足場屋の仕事です。

弊社はそのために全現場において

図面を書きます。

たくさん材料を持って行って

現場で行き当たりばったりの足場は組みません。

職人にも「届かない足場は無いのと同じだ」

「使い易い足場が足場屋の足場!」と

伝えてあります。

現場にお伺いするまえに

下準備をし、考えて、悩んで、

私からのダメ出しを受けて

図面を完成させてから

現場に望みます。

それが弊社の足場です。

もちろん上手くいかなかった足場もあります。

その失敗を伝えて、直し

同じ失敗をしないように

次の現場の足場を施工する!

日々の積み重ねが大事なのです。

これからもお客様の「理想」

工務店さまの「思い」

を大切にして

足場屋SR PLUS

は日々精進して参りたいと思います。山口

株式会社足場屋SR PLUS
〒505-0125 岐阜県可児郡御嵩町伏見1694-8
TEL:0574-66-4294 FAX:0574-48-8366

この記事を書いた人

カテゴリー お知らせ

関連記事

撮影に行ってみた!

撮影に行ってみた!

本日はお日柄も良く!笑 先行足場を組ませていただきました! 私はInstagramの撮影で 現場に立 …

チームワーク抜群&明るくてアットホームな職場で働きませんか?

チームワーク抜群&明るくてアットホームな…

こんにちは!株式会社足場屋SRPLUSです。 弊社は、岐阜県土岐市を拠点に可児市や東海三県の住宅・戸 …

なんだコイツは?笑

なんだコイツは?笑

4歳になった息子が風呂上がりに何故か こんな格好をしてました!!笑 4歳になってから 本当にイロイロ …